2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 『ミヨリの森』から透けて見えた作者の考え方。
 ← イヤホンと音の隙間の話。 | TOP | 一年後の海。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


『ミヨリの森』から透けて見えた作者の考え方。 

2007年08月26日 ()
フジテレビ製作のスペシャルアニメ『ミヨリの森』をたった今見たところです。期待していた以上に素晴らしくて、さっそく感想を書くことにします。

見ながらずっと頭を離れなかったのは、これはスタジオジブリに対する作者なりの返答なのではないだろうか、ということです。『となりのトトロ』を現代的・現実的にし、『平成狸合戦ぽんぽこ』よりももう少し救いを持たせた作品だと感じました。

徹底した理想主義者であるといわれる宮崎駿の描いたトトロの世界観は、純真な子供の目線から見た、夢に満ちた世界を拡大したものでした。

それとは対照的に、徹底した現実主義者であるといわれる高畑勲の描いた、平成狸合戦ぽんぽこの世界観とは、大人の目線から見た現実に満ちた世界に、ほんの少しだけの夢を与えたものでした。狸たちの命がけの抵抗も、結局はかなわないのですから。

今回のミヨリの森は、このふたつの名作の中間を目指したものだったのではないかと思います。主人公のミヨリは、トトロの五月やメイのような純真な子供らしい子供ではないし、大人の世界の汚さも知っています。しかし、結果として、彼女の願いは現実に打ち勝ちます。理想主義というには少々現実的だし、現実主義というには少々夢があるように描かれているわけです。

もしかしたら作者は、トトロを見る度に「ちょっとうまくいき過ぎじゃないかな」と感じ、ぽんぽこを見る度に「これでは狸たちが可哀相すぎる」なんて感じていたのではないかな、なんて想像しました。

ただそんなわけで、どうしてもこの作品の向こうにはジブリの名作たちが見えてしまうわけで、作品自身の素晴らしさよりも、ジブリのテーマの普遍性を感じずにはいられないという、そんな状態になってしまいました。


あと、ちょっと違う角度から。
背景の美しさはかなりのものでしたが、ちょっと気になったのが人間や生物の描写や動きの荒さでした。2億円の制作費と3年の制作期間をかけたにしてはちょっとそのあたりが安っぽく感じてしまいました。特に人間の描き方は、昔放送していた週刊ストーリーランドという毎週新しい短編アニメを作っていた番組ぐらいのレベルに見えてしまいました。

元ちとせさんの音楽は素晴らしかったです。久しぶりに声をじっくりと聴きましたが、本当に人を惹きつける声ですね。それから、一本桜の精という精霊の声も元ちとせさんだったそうですが、その深い声は誰の声か知らない段階でも記憶に残っていたほど、良い声でした。あと、主人公ミヨリ役の蒼井優さんもやっぱり良いですね。勝気な女の子の感じがよく出てましたし、ずっと見ていると不思議なことにミヨリが蒼井優に見えてきました。

原作は漫画だそうですが、原作を先に読んだ人はどんな感想をもつのか、ちょっと気になりました。

ああいう悪意のない妖怪の類がわいわい出てくる物語って結構好きです。
水木しげるの世界観といいますか。全ての動物、生物が何か理由があるから生きているのではないのと同じで、妖怪だって何も生きている理由なんてないと思うのですよ。妖怪枕返しだって、悪意からじゃなくただ単に枕を返したいんだろうし、小豆洗いだって、生活のためというよりも、ただ単に小豆を洗いたいだけなんだと思います。そんな自分に正直な妖怪たちが好きなのです。
スポンサーサイト
[2007.08.26(Sun) 00:01] 日記Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← イヤホンと音の隙間の話。 | TOP | 一年後の海。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback


ミヨリの森『ミヨリの森』(ミヨリのもり)は、小田ひで次作の漫画。本項では漫画を原作とした複数のメディア作品についても解説する。概要秋田書店の月刊少女漫画雑誌・ミステリーボニータにて2003年4月から同年11月まで連載された後、単行本化され、発
[ 2007.08.26(Sun) 13:48 ] あかりの部屋
 ← イヤホンと音の隙間の話。 | TOP | 一年後の海。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。