2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 人間の面白さ。
 ← ケータイ大喜利、楽しいです | TOP | 夏の終わりのご報告。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


人間の面白さ。 

2007年09月01日 ()
三谷幸喜脚本の映画『12人の優しい日本人』を見ました。

お得意のシチュエーションコメディなんですが、やはり三谷幸喜にこの手の脚本を書かせると無敵ですね。全編にわたって同じ部屋で同じメンバーで話してるだけなんですが、これが面白い面白い。

1991年の作品なのですが、今話題の陪審員制を真正面からとらえています。彼の作品の中では社会性がかなり強い方に入るんですかね。

12人の人間が、有罪か無罪か、笑ったり泣いたり怒ったり悲しんだり。人間が話してるだけで、何かすごい事件が起こらなくてもこんなに面白いものか、と感心しました。2時間以上ある作品なのですが、あっという間でした。

人が人を裁く、というのは裁判の基本であり理想なのですが、人間というのはとても自分勝手で曖昧な生き物ですから、そう上手くはいかないもの。喜劇という姿でありつつ、どうにも悲劇のテイストも感じる作品です。

楽しく見れたのですが、どうも考えさせられる点も多々ありました。

12人の優しい日本人
  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト
[2007.09.01(Sat) 01:20] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ケータイ大喜利、楽しいです | TOP | 夏の終わりのご報告。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← ケータイ大喜利、楽しいです | TOP | 夏の終わりのご報告。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。