2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 佐藤亜紀『天使』
 ← 伊坂幸太郎『死神の精度』 | TOP | 今好きな曲。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


佐藤亜紀『天使』 

2007年09月24日 ()
最近読んだ本。

天使
佐藤亜紀『天使』

純文学という言葉があるけれど、これは純粋な文章を追求したものとして、まさにそれに当たるのではないかと思いました。文章自体の美しさや陶酔感を楽しむ小説でした。

それほどに文章の美しさを追求したため、説明は少なく、どういう場面なのか読み返すこともしばしばあるほどでしたが、それもまた良し、と思わせるだけの不思議な魅力。盛り上がる場面が分かりやすく存在するわけではなくて、淡々と主人公ジェルジュの活躍を描くのですが、好きな場面というかお気に入りの場面はいくつも挙げることができるくらいです。キャラクターが魅力的であるのに加え、それをより魅力的に見せることが非常に上手いのですね。本当に何気ない、例えば紅茶を飲むシーンだけでも、魅力的に読ませてしまう、そんな小説は初めてでした。

比較的難解な作品のため、読み終わってみてすぐは、やっぱり難しいな、という印象なのですが、読み終わってしばらくしてみると良い印象しか残っていないというのは不思議な体験で、そんな体験をさせてくれたこの本はやはり良作なのだと後になって気づくのは、自分の読書スキルがまだまだなんだな、と思ってみたり。

超能力が当たり前のものとして描かれている一方で、第一次世界大戦間際のヨーロッパという歴史世界を舞台とし、歴史検証も綿密に為されている点も、この『天使』の面白さです。
スポンサーサイト
[2007.09.24(Mon) 19:08] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 伊坂幸太郎『死神の精度』 | TOP | 今好きな曲。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 伊坂幸太郎『死神の精度』 | TOP | 今好きな曲。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。