2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 伊坂幸太郎『死神の精度』
 ← 佐藤亜紀『雲雀』 | TOP | 佐藤亜紀『天使』

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


伊坂幸太郎『死神の精度』 

2007年09月24日 ()
最近読んだ本。
感想書くべき本がたまってます。

死神の精度
伊坂幸太郎『死神の精度』

『砂漠』に続いて読んだのがこれ。
読んでいて、ラストあたりに驚きを持ってくる小説というのは多いし、その衝撃度は色々なんだけど、伊坂幸太郎の上手いところというのはその驚きの要素を見事なスパイスとして小説に取り入れるところだと思う。どの作品を読んでも何かしらの意外な驚きがあって、それが小説のスパイスになっていて、またしても作者にしてやられたという感想に行き着く。気づいた瞬間、にやっとしてしまう驚きというのは心地よいもので、そうした驚きを必ず適度に与えてくれる伊坂幸太郎という作者は、何とも親切な作者なんだな、と思う。

今作は人間の死を生業とする死神が主役の短編集で、伊坂幸太郎作品特有の「ゆるさ」をもって、話は進んでいきます。死神こと「千葉」の、やる気が明らかにない仕事ぶりと、親切心というより断れない性格のため、なんだかんだと彼は人間のために行動するのですが、そのやりとりだとかがすごく面白く、和んだりもする。短編ということもあって、物語の大きなうねりみたいなものは無いんだけど、全体は離れてるようでつながっていて、他の作品の登場人物がチョイ役として出てくるという伊坂作品お約束ももちろんあり。それがまた心温まるちょっとしたポイントになっていたりして、やはり親切でサービス精神のある作者だなぁ、という感想につながったり。
スポンサーサイト
[2007.09.24(Mon) 21:44] Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by yutaka
こんばんは。
スノさんは本の感想が上手ですね。 読みたいと思わせるし、読んで得たモノを的確に捉えていらっしゃる。
僕は本に入り込んで客観的な見方ができず「あー、おもしろかったー」と幼稚な感想しか出てきません^^
伊坂幸太郎は僕も好きですよ。 って言っても2冊くらいしか読んでませんが… 「死神の精度」も気になってたので読んでみますね。

by スノ
yutakaさん、コメントありがとうございます!

いやーそう言ってもらえるとうれしいです。
なんか人に勧めたがりなんです(笑)

読書にはアウトプットも必要だという話を聞きました。
読んだ本とか結構忘れやすいので、こうした感想を書くことで記録にもなるし、それを読んでもらえるというのはすごく嬉しいことですね。

伊坂幸太郎、良いですよね。
『死神の精度』もすごく良い作品だったので、ぜひ読んで見てください。

コメントを閉じる▲

 ← 佐藤亜紀『雲雀』 | TOP | 佐藤亜紀『天使』

COMMENT

こんばんは。
スノさんは本の感想が上手ですね。 読みたいと思わせるし、読んで得たモノを的確に捉えていらっしゃる。
僕は本に入り込んで客観的な見方ができず「あー、おもしろかったー」と幼稚な感想しか出てきません^^
伊坂幸太郎は僕も好きですよ。 って言っても2冊くらいしか読んでませんが… 「死神の精度」も気になってたので読んでみますね。
[ 2007.09.30(Sun) 02:23] URL | yutaka #- | EDIT |

yutakaさん、コメントありがとうございます!

いやーそう言ってもらえるとうれしいです。
なんか人に勧めたがりなんです(笑)

読書にはアウトプットも必要だという話を聞きました。
読んだ本とか結構忘れやすいので、こうした感想を書くことで記録にもなるし、それを読んでもらえるというのはすごく嬉しいことですね。

伊坂幸太郎、良いですよね。
『死神の精度』もすごく良い作品だったので、ぜひ読んで見てください。
[ 2007.10.02(Tue) 19:47] URL | スノ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 佐藤亜紀『雲雀』 | TOP | 佐藤亜紀『天使』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。