2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 三島由紀夫『金閣寺』
 ← 思い出したように写真を。 | TOP | ファビコンといふものを、してみむとて。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


三島由紀夫『金閣寺』 

2007年10月05日 ()
三島由紀夫『金閣寺』。
今更の名作ですが、せっかくなので感想を。

金閣寺


彼の作品は、『潮騒』に続いて2作目。
これが果たして僕の使ってるのと同じ日本語か、と思うほどに完成された文章です。

今作の大きなテーマのひとつとなっているのは、
「世界を変えるのは認識か、行為か」という問い。
行為、つまり破壊を為した禅僧という事実は、読者は予め知っています。主人公である若い僧が、如何にして世界を変えようと考え、認識に留まらず行為に到ってしまったのか。既に分かっているラストシーンに向けて、物語は収束的に向かって行きます。

金閣寺炎上の犯人である主人公の独白の形式で話は進むのですが、これほど読者を主人公の内部奥深くまで連れ込んでしまう独白はそうは無いでしょう。彼の心の闇、美の象徴である金閣寺への思い、それを非常に歪んだ形で読者に投げかけてきます。国宝である金閣寺を燃やすという、恐ろしい行為に到る心境を、独白という形態であるにしろ、読者は疑似体験するわけです。

とんでもない文豪による、とんでもない名作なので、結構身構えて読んでしまいました。物語としてすばらしい小説であると同時に、まさに三島由紀夫本人の思想に触れているかのように感じるだけの、思想の強さを感じました。この作品は実際に起こった事件を元に書かれているのですが、当時全くの狂人であると思われたであろう犯人の青年に、ある程度のシンパシーを感じたのではないかと思います。彼の行った行為に半ば自分を投影しながら、世の中に対して狂人の側からの理論を投げかけた作品。作中で、主人公溝口は金閣寺放火に到るまでの精神状態を独白していくのですが、その彼の精神理論は、整然としていて決して狂人のそれではないと感じられます。

以下、作品の結末に関することを少し書くので、これから読むという方は読まないほうがいいかも。50年前の作品にこういう注意が必要なのかは分かりませんが、一応。

主人公溝口は、金閣寺に火を点けた後、自害のために用意していた小刀を使わず、生きようという意志を得ます。彼をずっと苦しめた美そのものとしての金閣寺はもう無くなり、彼を束縛するものが無くなったから、とも考えられるのですが、おそらくこれは違うのでしょう。美というものは儚いものであり、儚いからこそ美しいのであるというのであれば、醜い自分自身は永く存在し続けるべきだ、と考えたのではないか。ふとそんなことも頭に浮かびました。となれば、自らは自害という結末を選んだ三島由紀夫本人は、美しい存在でありたかったのか。いやそれとはまた違う話でしょうね。

とはいえ、一回読んだだけでは掴み取れず。何年後か分からないけど、もう一度読むべき作品かも。
スポンサーサイト
[2007.10.05(Fri) 21:45] Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by ラスク
こんにちは、おひさしぶりです☆

金閣寺、三島作品は好きなんですが超有名作、ということであえて読んでませんでした(´・ω・`)
でも超有名なのは、やっぱり素晴らしい作品だからですよね

近いうちに読んでみようと思います(最近読書からは遠い生活をしてますし……)

それにしても三島さん、人としては?という感じですが(笑)日本語の達人といってもいいですよね.+:。(´ω`*)゚.+:。

あと!
ファビコン可愛いですねー!すごいです!

では、長くなってしまってもうしわけありませんでした。。

by スノ
ラスクさん、コメントありがとうございます!

お久しぶりですー。
超有名作とか人気があるのって何か避けがちですよね。
僕も面白いのは分かっていてもまだ東野圭吾読めてません。

金閣寺は名作なんだけど、なかなかきつい作品でもありますねー。
なのであえてオススメはしません(笑)
でもほんと日本語の達人ですよね。完璧な文章を書く人です。

ファビコン、やってみたらすごく簡単に作れたので驚きました。ドットで組み立てる作業は何だか懐かしい気がしましたよ(笑)

コメントを閉じる▲

 ← 思い出したように写真を。 | TOP | ファビコンといふものを、してみむとて。

COMMENT

こんにちは、おひさしぶりです☆

金閣寺、三島作品は好きなんですが超有名作、ということであえて読んでませんでした(´・ω・`)
でも超有名なのは、やっぱり素晴らしい作品だからですよね

近いうちに読んでみようと思います(最近読書からは遠い生活をしてますし……)

それにしても三島さん、人としては?という感じですが(笑)日本語の達人といってもいいですよね.+:。(´ω`*)゚.+:。

あと!
ファビコン可愛いですねー!すごいです!

では、長くなってしまってもうしわけありませんでした。。
[ 2007.10.06(Sat) 00:09] URL | ラスク #JTl.fd7g | EDIT |

ラスクさん、コメントありがとうございます!

お久しぶりですー。
超有名作とか人気があるのって何か避けがちですよね。
僕も面白いのは分かっていてもまだ東野圭吾読めてません。

金閣寺は名作なんだけど、なかなかきつい作品でもありますねー。
なのであえてオススメはしません(笑)
でもほんと日本語の達人ですよね。完璧な文章を書く人です。

ファビコン、やってみたらすごく簡単に作れたので驚きました。ドットで組み立てる作業は何だか懐かしい気がしましたよ(笑)
[ 2007.10.06(Sat) 16:24] URL | スノ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 思い出したように写真を。 | TOP | ファビコンといふものを、してみむとて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。