2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 初音ミクさん失踪事件。
 ← 森鴎外『青年』と大二病。 | TOP | ヱヴァを見てきました。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


初音ミクさん失踪事件。 

2007年10月18日 ()
動画投稿サイト、そしてその宣伝に適したブログ、といったツールの普及で誰もがクリエイターとして活躍できる社会になってきているな、わくわく。とかいう思いで注目してたニコニコ動画関連の話。

特に初音ミクというヴォーカロイド(歌を歌ってくれるロボット)ソフトは、ニコニコ動画でも色んな人が無駄に才能を開花させていて、これは凄いと思いながら見ていたんですが、それがちょっと色々問題になってます。





「初音ミク」画像がネットから“消えた”?-ITmediaニュース
“消えた初音ミク”問題 ヤフーとGoogle「原因を調査中」-iza

GoogleとかYahooで画像検索しても表示されなくて、まぁそれが陰謀説とかに繋がってるわけですね。上記の通りコンテンツ業界に波紋を投げかけ得るソフトですし、トンデモ説であるけれども無い話じゃないかも、なんて。さらにTBSによるオタク批判、フリーター批判とかとも繋がってしまって、もうゴタゴタ。良いツールだと思ってただけに、なんか残念。

ニコニコ動画に山のようにあるんですが、初音ミクに歌わせてみました系など、ボーカルとして違和感はやっぱりあるんですけど、音楽としては全然許容範囲といえるクオリティなんですね。テクノポップ界隈では生声にロボット声のエフェクトをかけたりすることはよくあります。最近注目されてるPerfumeとかも音楽的にまさにそれですし。生の声に匿名性を足してあげることで電子音にはよく馴染むわけで。

それでこれが誰に対して脅威なのかというと、テレビ局やレコード会社であって、アーティストにはそれほど脅威ではないと思うんですよ。門戸が広くなったという意味でライバルが増えるという脅威はあると思うんだけど、ヴォーカロイドとヴォーカリストの違いははっきりあるんですから。もし今後優秀なソフトが次々出てきて、例えばジョン・レノンミクとかカーティス・メイフィールドミクとか美空ひばりミクとか出てきたとして(ミクという言葉の使い方は違うと思うけど)、それが本物を越えることはまず無いです。歌は音程と言葉と声質だけじゃない。そしてその違いを出せるのが本来の意味でのアーティストの条件となるはず。

では、初音ミクの存在意義は何かというと、誰もが市場に出すだけの最低限のクオリティを持った歌声で音楽を作って発表できるという点になるのでしょう。それは音楽ファンとしては新しい才能が出て来やすくなるのでもちろん歓迎です。ニコニコ動画ってドラマはアニメの違法ダウンロードとかで騒がれていた気がするけど、実はユーザーによるオリジナルコンテンツのほうに価値があって、新たな才能が出てくる場として重要になるんだろうな、と感じてます。

Radioheadが新作をネット配信したように、これから音楽業界ではアーティスト、リスナー間の距離の距離はどんどんゼロに近づいてくるはず。その動きに世界で一番適合して発展しているのはニコニコ動画なんじゃないか、なんて思ったり。その動きを勢いづけていた初音ミクが何かしらの陰謀なり何なりに巻き込まれてしまっているというのは、結構残念なわけです。







追記:初音ミクものではこの動画が今好きです。
スポンサーサイト
[2007.10.18(Thu) 20:53] 雑感Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 森鴎外『青年』と大二病。 | TOP | ヱヴァを見てきました。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 森鴎外『青年』と大二病。 | TOP | ヱヴァを見てきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。