2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > なるほど、理系ドラマ。
 ← とりこめとりこめ。 | TOP | ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


なるほど、理系ドラマ。 

2007年10月22日 ()
フジ月9新ドラマの「ガリレオ」を見てみました。

理系推理ドラマ、という評判で月9っぽくないなーとか思ったけど、見てみたら余計月9っぽくない。それがまた良いです。東野圭吾原作ということなのですが、話の筋って原作通りなのかなあ。推理モノとして素直に面白かったです。結構無茶な推理なんですけれど、オカルトでしかありえない現象を科学で何とかして片付けてしまうというのはなかなか気持ち良い。理系的な面白さが満載で、ド文系の僕も興味深く見ていられます。ネッシーや雪男は生物進化論の問題であり、サンタクロースを信じるのとは全く次元の違う問題だ、という台詞(うろ覚え)には素直に感心しました。なるほど。

今回の第二話では、ガラス工場だというのは「反射か?」というブラフだったのでしょうかね。逆に監察医の人が持ってた黒くなったバナナが、液体窒素の伏線かな。分かるわけないよ。

配役では、福山雅治の変態っぷりが板についていて良かったです。阿部寛がやってもはまりそう。ってトリックになっちゃいますが。でも謎を解けるか解けないかは真逆になりますね。芸人がよく出てるなーと見てたら、虻ちゃんが良い味出してました。あとアリキリ石井ちゃんはさすがの安定感。古畑の時と対照的に今回は容疑者役。そのへんも狙ってのキャスティングだったら素晴らしいですね。

エンディングを唄ってる福山プロデュースのKOH+って誰かと思って考えてみれば、ああ柴咲コウなんですね。音楽も主演の二人がやってるという。そういえば二人ともミュージシャンですもんね。役者としてのイメージがどうしても強いけど、どちらも良いミュージシャンだもんなーと改めて。

CD発売は11月21日だとか。


スポンサーサイト
[2007.10.22(Mon) 22:26] 日記Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← とりこめとりこめ。 | TOP | ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← とりこめとりこめ。 | TOP | ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。