2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > ジョン・バンヴィル著・佐藤亜紀訳『バーチウッド』
 ← 秋深し、隣は何を聴く人ぞ | TOP | 悲しみのプール、喜びは波のように。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ジョン・バンヴィル著・佐藤亜紀訳『バーチウッド』 

2007年11月18日 ()
<今日読み終わった本>

バーチウッド (ハヤカワepi ブック・プラネット) (ハヤカワepi ブック・プラネット)
ジョン・バンヴィル 中山尚子 佐藤 亜紀; 岡崎 淳子
早川書房 (2007/07/24)
売り上げランキング: 172055


佐藤亜紀さんつながりで。

他の作品の感想はこちら↓
過去記事 - 佐藤亜紀『天使』 -
過去記事 - 佐藤亜紀『雲雀』 -
過去記事 - 佐藤亜紀『ミノタウロス』 -


ジョン・バンヴィル作、佐藤亜紀訳というわけなのですが、これは佐藤亜紀さんの新作を読んでるのではないかと錯覚するほど佐藤亜紀色の強い作品。独特の文体もそうなんですが、物語のプロットや主体がまさに彼女の書きそうなものだからでしょうか。そして相変わらず読者に対して非常に不親切です。むしろそれが良いということも言えますが。森見登美彦作品の次に読んだ作品がこれだから、余計に最初はギャップがありました。


作品の内容ですが、救いのない、希望もない、そしてわかりやすい盛り上がりもないというある意味三重苦なのですが、それを佐藤亜紀が書くと魅力的になってしまうのは何作品読んでもやはり不思議なところ。鬱々とした気持ちで読み進め、ラストシーンでは取り残され、それでも次の作品も読みたくなる、確実に佐藤亜紀の魔力にやられています。

ただ、他の作品と比べてだと、『天使・雲雀』の連作と『ミノタウロス』ほどの魅力は感じなかったかな。文章の魅力に差はないんですが、やはり違うのは佐藤亜紀の脳によってゼロから作り出されたものだということでしょうか。




<アボガドニュース>

超簡単!大トロなみの旨さ「アボガドの塩辛」
未知の味、というメモ。



今日はニュースはこれだけで失礼。
スポンサーサイト
[2007.11.18(Sun) 23:07] Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

こんばんは by 千晴
お久しぶりです。
私も佐藤さんの本、読んでみようと思います。あと、スノさんおすすめのニュース、度々チェックしてますよ(笑)
一段と寒くなってきましたので、また風邪をひかないように気を付けてくださいねv-276

by スノ
千晴さん、コメントありがとうございます!

佐藤亜紀さんなら、『天使』から入るのがオススメだと思います。寒くなってきたこれからの季節にぴったりかもしれませんね。
ニュースもやりだして、手を広げすぎな気もしてますが、これからもよろしくお願いします(笑)
千晴さんもお体にはお気をつけくださいね。

コメントを閉じる▲

 ← 秋深し、隣は何を聴く人ぞ | TOP | 悲しみのプール、喜びは波のように。

COMMENT

お久しぶりです。
私も佐藤さんの本、読んでみようと思います。あと、スノさんおすすめのニュース、度々チェックしてますよ(笑)
一段と寒くなってきましたので、また風邪をひかないように気を付けてくださいねv-276
[ 2007.11.19(Mon) 21:12] URL | 千晴 #- | EDIT |

千晴さん、コメントありがとうございます!

佐藤亜紀さんなら、『天使』から入るのがオススメだと思います。寒くなってきたこれからの季節にぴったりかもしれませんね。
ニュースもやりだして、手を広げすぎな気もしてますが、これからもよろしくお願いします(笑)
千晴さんもお体にはお気をつけくださいね。
[ 2007.11.19(Mon) 23:02] URL | スノ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 秋深し、隣は何を聴く人ぞ | TOP | 悲しみのプール、喜びは波のように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。