2017.06 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - » 2017.08
TOP > 『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』
 ← フットがスティックになりました。 | TOP | 三択ロース。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』 

2007年12月25日 ()
<最近読み終わった本>

雨宮処凛の「オールニートニッポン」 (祥伝社新書 86)
雨宮 処凛
祥伝社 (2007/08)
売り上げランキング: 34686


ネットラジオでの対談を本にまとめたもの。

”ニートでもいいじゃない、楽しく生きようよ”なんてものでは決してなく、対談という形式ながら現代の労働問題、若者の精神の問題、そしてニート問題と深刻に絡まりあうワーキングプア問題へと深い話が続く。ニートだけでなく学生も会社員も高給取りも政治家も、今現在の日本がどういう状況なのかを知りたいのなら、全ての人が読む価値のある本だと感じた。

ネットラジオでの機材セッティングなどの裏方をしているのは真正のニート達であるらしい。ひとつの活動するコミュニティとして、こういう組織が動いているというのは正直知らなかったし、労働問題全体に関しての知識も甘かったなあと痛感した。それと同時に今何かが動きかけているという勢いも感じた。グッドウィルの問題であるとか、ニュースとしては情報が入ってきていたけれど、その中心となっている梶谷氏の話など、個人の呼びかけによってこれだけ社会が動かせるんだというのは心強いもの。現代の若者が持つ問題に最も深く、しかも最先端で関わっていこうとしている本だと思う。


ちょっと駄々漏れのしょうもない感想になってしまいましたが、感じたことを走り書きまでに。タイトルから連想されるような軽い内容の本ではなく、結構重くのしかかる内容なので、正直なところ4月からの就職が決まっている今の状況で読んでよかった。就職決まる前に読むと精神的にちょっとハードだったかも。追い詰められてる時期もあったので。



<ニュース>

谷村新司(続・妄想的日常)
( 谷)<さらば 昴よ~
( つ¶
これいいな。


ニュース超速報! DVDプレイヤーを振りかざし 「レジの金を出せ」 3万5000円を奪って逃げる
何か他にもっとあっただろうに。


夜麻みゆき復活!ということで、夜麻作品を振り返ってみる(fromゴルゴ31)
なつかしいなあ。レヴァリアース読み直したいんだけど家のどのにあるかわからない。



何かやっぱり年末は不思議と忙しいものですね。
なかなかに予定が詰まっています。
明日は久しぶりに服を買いに。いいものがあるといいな。
スポンサーサイト
[2007.12.25(Tue) 23:57] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← フットがスティックになりました。 | TOP | 三択ロース。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← フットがスティックになりました。 | TOP | 三択ロース。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。