2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』
 ← 「欲しい」ではなく「買わなくてはいけない」と考えるのってオタクの証明かもしれない。 | TOP | 遅咲かせ。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』 

2008年01月18日 ()
<日記>

昨日は予告もなく更新休んでしまいました。
遊びに行って新年会も兼ねて飲んで帰ってきたので、更新する間もなく寝てしまいました。


<今日読み終わった本>

西尾維新の「不気味で素朴な囲われた世界」。

不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20)
西尾 維新
講談社 (2007/10)
売り上げランキング: 4565




きみとぼくの壊れた世界(以前書いた感想)の続編ですね。といっても同じ世界観(あるいは対立する世界観)の作品というわけで、登場人物は違います。

いやー、これは自由に書きすぎなのじゃないか西尾維新さん。彼特有の言葉遊び満載。思いついてしまったら何かしらの作品の中に入れて発表していかないと満足しないんでしょうけど、あまりにそのネタが豊富です。作品のことよりも小ネタを考えるほうが好きそう。

そんなやりすぎ感もふまえておいても、しかし素晴らしい作品。好き嫌いはあるんだろうけど、この独特の読後感は癖になります。同じく癖の強い佐藤亜紀作品が上質な洋酒のような本だとしたら、西尾維新の作品はチョココーティングした柿ピーのような、ありえないはずなのに美味しくて困ってしまうような本だと思う。おいしいですよね、あれ。

ライトノベルっぽい世界観、つまりいわゆるセカイ系に入るのかもしれないけれど、それを無理やり壊してるようにも感じます。小説というものを一度単語どころか紙を構成する原子レベルまで解体して、こうすれば面白いんじゃないかと再構築したような。囲われた世界からの脱却がテーマになっているのですが、その囲われた世界というのは小説という形態のメタファーなのかも。

他の書評ブログさんで知ったんですが、タイトルの中に”きみ””ぼく””こわれた”が含まれているんですね。つまりやっぱり囲われた世界だったとしても君と僕は壊れていて、結局同じことなんでしょう。

あと、作品のパワーとしては前作のほうが強いでしょうね。なのでこの作品を外伝として見てしまう感もあります。その辺はキャラの魅力の強烈さも影響しているんでしょう。西尾維新作品の魅力はキャラの魅力と同期しているような気がしますから。



<ニュース>

[ネタ]Twitterのロゴのeの部分がこち亀の両さんに見える(fromはてなブックマーク)
これはしょうもない。


ガイジンが「萌え」を理解した瞬間に立ち会った - GAME NEVER SLEEPS(fromはてなブックマーク)
なるほど、文化的背景が要因となってるということもあるのか。


服を壁に投げて片付けるという新しい発想 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)(fromはてなブックマーク)
使い方によっちゃあ便利そうだ。


高いケーブルは音がいい?オーディオマニアに聞かせてみた >61%は高価なケーブルの方がいいと言った(from移譲記章)
この間やってたタモリ倶楽部で1000万のスピーカーが出てて、一生に一度は聴いてみたいと思いましたよ。そこまですごいのはいらないけど、そこそこ良いのは欲しいなあ。


とにかくオタクのせい(fromeverything is gone)
まあ叩きやすいところから叩いてるんでしょうね。
↓関連して。


<青森家族殺害>猟奇的ストーリーの漫画本を押収(毎日新聞) - Yahoo!ニュース(fromはてなブックマーク)
ひぐらしの話。内容からしたら叩かれるのは間違いでないとは思います。面白い、というのは免罪符ではないし。影響を受けないのであれば別に読んでもいいはずなんだけど、影響を受けやすい人が増えているのも確かなんでしょうね。そうなれば規制したほうがいいということにもなるんでしょうけど。

面白いものは是非とも読みたいものなので、みんなもっと影響を受けないように精進するべきだと思うのです。あと、自分の趣味に合わないからといって貶すという風潮が最近増えてるような気も。
スポンサーサイト
[2008.01.18(Fri) 22:32] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「欲しい」ではなく「買わなくてはいけない」と考えるのってオタクの証明かもしれない。 | TOP | 遅咲かせ。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 「欲しい」ではなく「買わなくてはいけない」と考えるのってオタクの証明かもしれない。 | TOP | 遅咲かせ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。