2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 『笑の大学』
 ← 姫達磨。 | TOP | 『嫌われ松子の一生』

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


『笑の大学』 

2006年07月17日 ()
笑の大学 スペシャル・エディション
三谷幸喜らしい、面白くてほんのり温かい、良い映画でした。

もともとは演劇、しかも二人劇として上演されている作品のようです。そして映画でも、基本的にほぼ役所広司・稲垣吾郎の二人の会話のみで話は展開していきます。そこで肝となるのはもちろん役者の演技力なんですが、とても良かったように思います。役所広司の演技が素晴らしいのはもちろんですが、稲垣吾郎の演技もとても良かったです。気は弱いけれども自分の信念は持っているという椿の役を見事に演じていました。

三谷幸喜の作品での「笑い」って、とても温かいものだと思います。人間の持つ、どうしようもないけれども愛すべき一面を描き出すことにかけては、彼に並ぶ者はいないのではないか、とさえ思いました。

『有頂天ホテル』のようなドタバタ喜劇とは違って、じわじわと面白みが出てくるので、見る人によっては退屈かもしれませんが、僕はこんな笑いが好きです。『有頂天ホテル』も相当に面白かったですけどね。

どちらかというと、夜中に一人でにやにやしながら、気に入った場面は何回も繰り返してみたりしながら見てほしい作品。
スポンサーサイト
[2006.07.17(Mon) 00:17] 映画Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 姫達磨。 | TOP | 『嫌われ松子の一生』

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 姫達磨。 | TOP | 『嫌われ松子の一生』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。