2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > Mando Diaoについて。
 ← 体に染み入る波。 | TOP | 笑いたい時は。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


Mando Diaoについて。 

2006年08月23日 ()
Bring 'Em InHURRICANE BARオード・トゥ・オクラシー

左から、1st、2nd、3rdです。
最近よく聴いてます、MANDO DIAO。初めて1stアルバムを聴いた時はその音質の悪さに衝撃を受け、それでもはまってしまって未だに聴き続けているバンド。今月に出た3rdはまだ聴いてませんが、割と評判は良いようですね。

とにかく良いメロディを書くスウェーデンのバンドです。演奏は荒いし、音質も良くない、それでも聴き続けてしまうのはそのメロディのせい。最近の若手バンドの中で、王道なメロディを作らせたらピカイチなのでは、と思います。二人いるボーカルの全く異なるキャラクターもビートルズみたいで良い感じ。ところでスウェディッシュ・ポップスもそうですけど、スウェーデン人と日本人ってメロディのツボが似てるんでしょうか。カーディガンズも日本人受けしましたし。

何でこのバンドが好きなのかなと考えてみて、ふと思い浮かんだことがあります。MANDO DIAOって、”アメリカものの学園青春映画で、主人公の少年よりも2個くらい年上の男の子たちが組んでるバンド”みたいだ、ってことです。主人公の少年にとってはもちろん憧れです。演奏はまだまだ下手なんだけど、良い曲を歌う学園の人気者。大好きなあの子もそのバンドのギターの男の子に夢中です。彼らみたいになりたくて楽器屋でボロボロのギターを手にする少年。いつか自分もバンドを組んでパーティーに出て、彼女を振り向かせるんだ。

なんて、そんな妄想してしまうほどに青春の青っぽさを感じるバンド、他にいません。ジャケットのダサさもまた良いです(特に2nd)。洋楽初心者にも薦めたいし、もういろんな音楽聴き尽くしたよ、という人にも聴いてほしいバンド。

YouTubeにビデオがあったので、オススメ曲をいくつか。
ココとかココとかココをクリックしてみて下さい。曲によって音量が違うのでご注意を。
スポンサーサイト
[2006.08.23(Wed) 23:58] 音楽Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 体に染み入る波。 | TOP | 笑いたい時は。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 体に染み入る波。 | TOP | 笑いたい時は。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。